富士金梅®×赤峰清香先生コラボ企画 ブティック社「コットンフレンド」にて掲載中!!

富士金梅®×赤峰清香先生コラボ企画 第3弾 ブティック社「コットンフレンド秋号」にて掲載中です。

毎日持ちたい帆布のバッグ

シンプルなバッグや小物デザインに定評のある「赤峰清香先生」が、弊社「富士金梅®」のアーカイブからセレクトした「刺し子クロス」。

第3回目は、その布地を使ったおしゃれなバッグをご紹介します。

画像をクリックで画像拡大できます。

毎日持ちたい帆布のバッグ

1.ショルダーひもを外すとクラッチバッグに。木製の口金はネジでとめて作れるので、本体の布地が外れる心配もありません。

2.開閉部は埋め込まれたマグネットでパチンと止まるので安心です。ショルダーひもは、口金本体にすでに取り付けられているカンに付けるだけなので簡単です。

3.バッグ本体は4枚はぎ。底側から見るとまるでお手玉みたい。

4.「刺し子クロス」は全3色。使い勝手のよいカラーバリエーションです。

〝刺し子クロス″で作るお手玉みたいな2WAYショルダーバッグ

「とってもおしゃれな布地を富士金梅®さんのコレクションの中から見つけたんですよ!」と嬉しそうにおっしゃる赤峰さん。

そのはぎれをバッグから取り出し見せてくださったのは、今回作品に使用した〝刺し子クロス″。

縦糸に太めの生成糸、横糸に細めの色糸を用いて、帆布織機で職人さんが一反一反丁寧に織り上げた、国内産の布地です。

「11号帆布程度の厚みがあるのですが、しなやかさがあるので、丸みのあるふわっとした形のバッグを作ってみたくなりました」と言って、早速試作をし始めました。

でき上がったのは、お手玉みたいなフォルムがかわいらしい2WAYショルダーバッグ。表面に質感のある布地と木製の口金が好相性。本革のショルダーひもは取り外しができるのも便利です。

「他にも、ショルダーバッグやエコバッグ、ポーチなどにしても作りやすそう。創作意欲が広がる布地に出会えました!」。(引用:コットンフレンド秋号)

リンク

~赤峰清香様オフィシャルサイト~

赤峰清香様

文化女子大学 服飾学科卒業。
バッグや小物のワークショップは、わかりやすく使い勝手のよいものが作れるとあって大人気。
近著に「長く愛せる大人のバッグとポーチ」日本ヴォーグ社刊がある。

~Bobinage(ボビナージュ)~

Bobinage(ボビナージュ)

テキスタイル事業部(西日本)へのお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。06-6766-6215受付時間 9:00 – 18:00 [ 土日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら

テキスタイル事業部(東日本)へのお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。03-3667-5101受付時間 9:00 – 18:00 [ 土日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら