刺し子織り ~ SASHIKO-ORI ~

日本の伝統を世界に「刺し子織り ~ SASHIKO-ORI ~」

古来、刺し子地は、綿布を重ね合わせ、装飾として縦、横、斜めに刺し縫いすることにより幾何学模様や小紋などさまざまな柄を縫い込んだもので、おもに生地の増強と保温を兼ねたものでした。

そのため東北地方などの寒冷地では、作業着として用いられ、また、江戸時代においては、丈夫な生地であることから火事装束として用いられていました。

そして現代では、武道着や地下足袋などに用いられたりと、その日本の伝統的技術・技法は、今もなお継承され続けています。

刺し子織り ~ SASHIKO-ORI ~

【品名】綿帆布
【加工】丸巻き
【規格】品番別に表示
(画像又はPDFをご覧下さい。)
【組成】綿 100%

※実際の色とは多少異なります。ご了承ください。
(拡大画像・PDF)

刺し子織りのPDFはこちら

※PDFをご覧頂くにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。(無償)

テキスタイル事業部(西日本)へのお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。06-6766-6215受付時間 9:00 – 18:00 [ 土日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら

テキスタイル事業部(東日本)へのお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。03-3667-5101受付時間 9:00 – 18:00 [ 土日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら